08月24日
(水)
2022年

科学文献へのアクセス性を強化し、競合情報分析チームをサポート

By Ray Gilmartin

 

膨大な量の科学文献やデータの手作業による調査は、どのような分野の研究開発型企業においても課題と言えます。特に、自社のGTM戦略を策定するうえで、情勢を把握する責務を担う競合情報分析チームが情報を見逃してしまった場合、非常に大きな損失を被る可能性があります。

ライフサイエンス、化学、食品といった業界の研究開発型企業では、科学文献とデータに関する包括的な戦略を策定する際に、競合情報分析チームについて考慮しなければ、好機を逃すことになりかねません。

※本ブログは英語記事となります。続きはこちらをご覧ください。